ボトックスの高い効果に期待!【幅広い治療範囲をカバーできる】

メスを使用しません

ボディ

治療後数日は放置すること

小顔になるための整形方法は多くありますが、その中でもボトックス注射が評判となっています。一般的な美容整形はメスを使用し、輪郭を整えるなどの治療が行われるようになっています。しかし、ボトックス注射は筋肉を弛緩させる効果のある薬液を注射する方法であるため、メスを使用しないという特徴があります。少量の薬液で十分な効果を発揮するので大量に注射をする必要が無く、病院への通院頻度や治療時間も少なくて済むようになっています。この事から、メスを使用したくないという方や、ちょっとした整形を行いたいという方に向いている治療方法であると言えます。ボトックス注射の特徴的な点として、医師と相談しながら自分で使用する薬液を決定することが挙げられます。少しずつ小顔矯正を進めることが重要であるため、初めての場合は効果が穏やかで刺激の少ない物を選ぶようにするのが良いでしょう。また、ボトックスは汗腺の働きを抑える効果もあるため、脇汗などを治療することもできます。小顔矯正のついでに処置することも可能なので、多汗症に悩んでいる方にもオススメです。ボトックス注射で注意することとして、治療後数日間は顔のマッサージなどをしないようにすることが挙げられます。注射したボトックスはすぐに吸収されず、徐々に浸透してから効果を発揮するようになっています。注射した当日に顔のマッサージをすると薬液が広範囲に広がってしまうため、小顔矯正効果が弱まってしまったり、副作用などが起こったりしてしまう恐れがあります。この事から、少なくとも一週間程度は強いマッサージなどをしないようにするのが良いでしょう。また、十分な効果を実感できるまで定期的な通院をしなくてはならない事にも気を付ける必要があります。一回の注射で投与される量は少量であるため、効果は大きくても変化は小さくなっています。よって、満足のいく仕上がりになるまで通院を続けることが大事と言えます。ボトックスだけでは小顔効果は一時的となってしまいますが、なるべく歯を食いしばらないようにするといった努力することで張ってしまったエラを少しでも改善することが出来ます。そのため、ボトックス注射をしつつ、個人的なケアを行うことが小顔矯正において最も重要であると言えるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックスの高い効果に期待!【幅広い治療範囲をカバーできる】 All Rights Reserved.